住宅ローンはどこの会社で選ぶのがいい?

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか調査によると40%の方が利用しているそうです。

借り換えもいいですねえ。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

住宅ローン借り換えの支払いを長い間しているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

参考:住宅ローン借り換え注意することは?失敗しないコツ!【損しない方法?】

現在借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な登記などの諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

メリット・デメリットを確認して借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先のローンが保証料がかかるかかからないか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

月々のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険に加入することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

その理由としては、火災保険は契約後にほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

住宅ローンで融資されている際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

ローン控除では1%が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?大半の人は行ったことはないはずです。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容を再確認することです。

銀行のwebサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけでなく、保証料など自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行にしましょう。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くならなければいけません。

その際の判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生して総額がそんなに変わらなかったということもあります。

住宅ローンを初めて組む際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

結論から言えば利用可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫する可能性があります。

当然ですが、自動車ローンの返済を滞納していたりすると他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を別の銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

そのため、多い人でも2、3回が限界と言われています。

正直な話、ベストな時期は誰にもわかりません。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくそのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え時でも継続できる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の返済期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に我々が借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますが行なったもらう司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったことが起きるかというと転勤が原因でローンと賃貸料の二重支払いになってきつい、金利が低くなったローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件の金融商品は見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。